ジャコメッティ展の混雑状況とグッズを解説!

2017年6月14日から、国立新美術館にて「ジャコメッティ展」が開催されますよ。

「ミュシャ展」終わりの「ジャコメッティ展」ですね。

ミュシャ展に負けず劣らず、独創的な彫刻が興味深くて、日ごろ美術に興味のない方でも十分楽しめますよね。

また、国立新美術館に行かなければなりませんね(笑)

こちらのジャコメッティ展もそれなりの混雑が予想されますので、混雑状況をまとめておきますので、混雑を回避できる方はぜひ開いている時間帯に出掛けてくださいね。

ジャコメッティ展の巡回情報はコチラの記事をどうぞ。

スポンサードリンク

ジャコメッティ展 概要

会 期 2017年6月14日(水)から 9月4日(月)
毎週火曜日休館
開館時間 10:00-18:00
毎週金曜日、土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館、マーグ財団美術館、TBS、朝日新聞社

当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
前売/団体 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
  • 中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添いの方1名含む)は入場無料。
  • 8月2日(水)~7日(月)は高校生無料観覧日。(学生証の掲示が必要)

ジャコメッティ展の混雑状況

ジャコメッティ展の混雑状況ですが、今回は予想になります。

2017年6月14日(水)~ 9月4日(月)
毎週火曜日休館
開館時間 10:00-18:00
※毎週金曜日、土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

日時では間違いなく、土日祝日、夏休み期間中を避けましょう。

土日はご説明するまでもありませんが、夏休み期間中も出来れば避けた方が良いと思います。

この期間は旅行者が増えたり、子供連れのお客様が増えますので、なかなか落ち着いて鑑賞することが難しいかもしれないからです。

時間帯としては、「午前11時前後」、「午後2時~5時」は込み合います。

特に、混雑時間帯には入場待ちの列が出来る事もありますので、時間をずらすことがオススメです。

ジャコメッティ展の空いていそうな日時

上記を考慮して、おすすめする日時は以下の通りです。

夏休み外の「木曜日」もしくは「金曜日の17時~20時」です。

金曜日は開館時間が延長していますので、知らない方も多く、比較的ゆっくりと鑑賞できます。

翌日お休みの方などは、ジャコメッティ展を観てから、ゆったりとお食事でもして帰るのも良いですよね。

スポンサードリンク

ジャコメッティ展のグッズ

残念ながら、まだジャコメッティ展のグッズの詳細は発表されていません。

しかし、ジャコメッティの作品はお土産映えするのは間違いありませんよね?

私が大好きな「犬」の置物や携帯ストラップなんてあれば絶対に買ってしまいます。

図録、置物、携帯ストラップ、クリアファイル、マスキングテープなんかは絶対出ますよね。

ネット上にもあまりグッズはありませんでしたが、私が気になったグッズをまとめてみましたので、よろしければご覧ください。



こちらの「ジャコメッティの肖像」は公式ツイッターでも取り上げていました。

観覧前に読んでおいても良いですね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする