一滴は何mlで、何ccなの?逆に1mlは何滴分?分かりやすく解説。

一滴って何mlか知っていますか?

わかりませんよねー普通。

もちろん私も分かりません。何ccかも分かりません。

キッチンにワックスを塗ろうと思った時に取扱説明書に「1平米に10ml使用」と書いてあったんですが、全く量がわからなかったので、調べて見ました。

同時に一滴は何ccなのか、それぞれの使い分けもまとめましたので、ご参考にどうぞ。

スポンサードリンク

一滴は何ml?

色々と調べた結果、おおよそ「0.03〜0.05ml」です。

医薬品の試験では滴数と言う表現に決まりがあるようで、以下のように定義されていました。

滴数を量るには,20°Cにおいて「精製水」20滴を滴加するとき,その質量が0.90~ 1.10 gとなるような器具を用いる

と言うことは、「0.045〜0.055」と言うことですよね。

他にも色々な研究資料も確認して見ましたが、水や精油などの実験結果は概ね、「0.03〜0.05」におさまっていました。

厳密に知るには、液体の種類や垂らす器具によって変わってしまので、「その容器、その液体」で実際に垂らして、測定するしか方法は無いようです。

1mlは何滴分?

一滴が、おおよそ「0.03〜0.05ml」ですから、1mlは20〜33滴ということになります。

こう考えると、結構誤差が大きいですね。

私は、間をとって26滴くらいで考えて見ます(笑)

一滴は何cc?

では、次に何ccなのか?と言うこともまとめました。

一滴が「0.03〜0.05ml」なら、決まってるでしょ!と言う方もいらっしゃるかと思いますが、私は「1mlが何ccか」知らないので、分かりませんでした(笑)

そう言う方も多いはずと思いますので、こちらをどうぞ。

なんと! 1ml=1ccだそうです!

とっても簡単、同じ!

つまり「一滴で、0.03〜0.05cc」と言うことです。

ここでまた新たの疑問が・・・

mlとccってなんで同じ液体の量を表す物なのに、単位が違うんでしょう?

スポンサードリンク

mlとcc。なぜ単位が違うの?使い分けは?

「1ml」とは
1000分の1リットル
1立方センチメートル (1㎤)
1cc

「1cc」とは
「1キュービック・センチメートル」の略
1センチメートルの3乗、「1立方センチメートル」(1㎤)
1ml

まず、国際的に認められている単位として「国際単位系」と言うものがありますが、この国際単位系で「ml」は認められていないそうです。

リットルは過去に定義が変更されていて、厳密な数値を間違えてしまうことを避けるためのようです。

さらに、ccも、国際単位系 (SI) では、認められていなくて、日本工業規格JISにおいても使用できない単位となっています。
国際単位系はもちろん、日本の計量法においても、取引や証明には「cc」でなく、「㎤」を使うことが望ましいとされています。

これは表記の問題で、「立法センチメートル」を「cubic centimetre」の頭文字で表した「cc」と表記すると、数字の「00」や、ユニットの「U」と見誤りやすく、医療現場などでこの間違いを犯すと、過剰投与によるリスクがあるためです。

「1cc」を「100」と見間違えたり、「10ユニット」と見間違えたりするリスクをなくす為ということですから、もっともな理由ですね。

日本では、「㎤」より、「ml」や「cc」が多いと思いますが、今後は国際的な「㎤」の表記が増えるかもしれませんね。

まとめ

1ml=1cc=1㎤(立方センチメートル)

  • 同じ量を表す単位。
  • 国際的には立方センチメートルが良い。
  • 表記は「㎤」

ちなみに、「㎤」をキーボードで入力するには「りっぽうせんちめーとる」と入力し変換しましょう。

冒頭でお話ししたこの記事を書く発端になった、キッチンのワックスがけですが、試して見たところ、滴が「ボタボタボターーーー。」と出て、全く数えられませんでした(汗)

結局、雰囲気で済ませてしまいました。

少ないよりは多い方が良いか・・・と、かなり多めに使ってしまい、我ながら雑な性格だなと反省しました。。。

こんな記事ですが、お役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする