Amazon Echoの機種の違い,スマートホームハブとは?割引価格で購入する方法

いよいよ、Amazon Echoが日本で発売されますね!

11月13日からの週、15日から販売されるという噂です。

ただし、アマゾンから「招待メール」を受け取った人しか買えないという、謎の販売方法で皆さんドキドキしながらメールの到着を待っていることだと思います。

そこは焦ってもしょうがないので、どの「Amazon Echo」を買うべきなのか?

「スマートホームハブ」って何!?

などの違いをわかりやすく解説してみましたので、皆さんにシェアしつつ、割引価格で購入する方法も解説しますのでご参考にどうぞ!

スポンサードリンク

Amazon Echoの機種の違いは?

今回、日本で販売されるAmazon Echoは3種類です。

順番にご紹介します。

Amazon Echo

引用:https://www.amazon.co.jp

2代目Amazon Echo  最もベーシックな機種で一番人気になると思われます。

11980円

高さ148mmで直径が88mm

Echo Plusと比較すると、9cmほど低く、ツイーターが小型なので音質も少し落ちそうですね。

最大の違いは「スマートホームハブ」が無いことです。

ファブリックの優しいデザインで、人気が出そうです。

Echo Plus

引用:https://www.amazon.co.jp

フラッグシップモデル、初代のAmazon Echoに似たデザインです。

17980円

他のモデルよりもボディが大きいので、スピーカーが最も大型です。

「スマートホームハブ」を内蔵していますので、照明などの家電をコントロールして自宅をスマートホーム化させる予定ならこのモデルがおすすめです。

この「スマートホームハブ」なかなか難しいので、後で詳しくご説明します。

Echo Dot

引用:https://www.amazon.co.jp

最も小型でお値段もお手頃なので、「ちょっとどんな物か、試してみるか」という方はコレですね。

5980円

スピーカーシステムを簡素化したことで小型にしていて、基本的にはAmazon Echoと同じです。

ラインアウト端子があるので、外部機器につないで良い音で楽しむこともできるようです。

スポンサードリンク

Echo Plusのスマートホームハブってなに?

この機能を説明するにあたって、よく利用されている「Philips Hue」を例にご説明してみます。

この写真の四角いものが「ブリッジ」呼ばれる物で、下の「スマート電球」と「echo」などのスマートスピーカーを繋ぐ役割の物です。

スマートスピーカーが周辺機器などと繋がる時にはwifi接続されるんですが、電球のような商品1つ1つにwifi機能を内蔵させることはできません。

そのため、間に立つ「ブリッジ」といったものを使うわけですが、「スマートホームハブ」を内蔵した「Echo Plus」はこれが不要です。

「スマートホームハブ」が「ブリッジ」の代わりになる訳ですね。

「ブリッジ」が7〜8千円しますので、複数の機器で「ブリッジ」を購入しないといけない事を考えると「Echo」と「 Echo Plus」の値段の差、「6000円」は安く感じませんか?

また、「Echo Plus」はプライム会員でも割引がありませんが、11月13日現在はキャンペーンで、招待メールをもらった方に限り、Philips Hueの電球が一つ無料でもらえるようです。

早速スマートホームを体験できるので、ちょっとうれしいですよね。

Amazon Echoを割引価格で購入する方法

今のところ、「Amazon Echoシリーズ」をお得に購入する方法はたった1つです。

「プライム会員が招待メールをリクエストして購入する事です。」

購入するモデルによりますが、2000円〜4000円の割引が得られます。

Echo Plusでは割引はありませんが、スマート電球がもらえるキャンペーンを行なっていますので、間違いなくお得ですよね。

もちろん、プライムビデオでの映画見放題や、アマゾンミュージック無料、「お急ぎ便」の無料、などたくさんの会員向けの無料サービスも行なっていますのでまだプライム会員になっていない方はぜひこの機会に「30日間無料キャンペーン」で試してみてくださいね。

もちろん30日以内であれば無料で退会することもできますよ。

お試し入会はこちらからどうぞ ↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする