お年玉の相場は?中学生には注意が必要!

ee8ce9cfe7cec1300ed26ea5bf55ca1f_s

お年玉の相場、中学生にはいくらぐらいあげたらいいでしょうか?

お正月にお年玉をいくら上げたらいいのか、結構悩まれる方も多いと思います。

お年玉の相場、中学生はズバリいくら?

色々と調べてみたところ、中学生のお年玉の相場は5000円から7000円ほどのようです。

小学生の時に、1学年あがるごとに、1000円のお年玉をあげていた場合は、6年生で6000円あげていることになりますので、中学校に入ると7000円となります。

そしてこの金額で3年間固定するパターンが多いようです。

スポンサードリンク

中学生にお年玉を上げる時の注意点とは?

子供にとってはお年玉がすごく楽しみになる年頃だと思いますが、親御さんがお金の使い方などに気を使いだす年頃にも重なりますので、トラブルにならないようにしたいところです。

というのは、この年頃になるとお年玉がそのまま自分の財布に入るため、親御さんによってはあまり大きい金額をもらうこと喜びません。

特に中学生のころは、まだお金の大切さも分かりつらいですし、使い方もまだ慣れていませんから、休みの日などに子供同士で買い物に出掛けたり、自分で欲しいもの買いに行ったりする時にあまりにも大金を持っているとやっぱり少し心配になりますからね。

そのため、本当は親御さんに相談の上で決める事が出来れば理想的です。

でも、なかなかそうはいかない場合もありますからね。

そんな時には、お年玉をあげる時に「自分で使うときは何を買ったかお父さんお母さんにちゃんと教えてね」などと言って手渡すと、ご両親からは喜ばれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

お年玉の相場は?中学生には注意が必要!のまとめ

中学生のお年玉の平均は、5千円~7千円ほどです。

ただ、これは大まかな平均なので、家庭環境や子供との関係によって金額は前後することもあると思います。

そして、注意点として、この年代の子供達は反抗期でもあり、お金の使い方がまだ上手ではありません。

そこで、お年玉をあげる時などに、「使う時には何を買ったか、お母さんに言ってね。」と言う様な事を位を言って渡すのも良いでしょう。

デリケートな年頃なので、親御さんと相談の上、トラブルの無いようにお年玉をあげましょう。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする