花粉症の症状で、喉がかゆいのは普通?対処法はこれ!

花粉症は本当に辛くて、仕事や勉強に集中できなくて困りますよね。

くしゃみと鼻水だけでもつらいのに、人によっては「喉のかゆみ」が出る事もあるんです。

皆さんは花粉症が原因で、喉のかゆみに襲われたことはありますか?

私もいつも「喉のかゆみ」に悩まされて、イライラしてしまうことがしばしばありました・・・。

この花粉症の辛さは、なった人にしかわからないですし、「喉のかゆみ」は症状がある人とない人がいて理解してもらいにくい症状でもあります。

なので今回は、この辛い花粉症の「喉がかゆい場合の対徐法」について、解説します。

スポンサードリンク

花粉症でのどはかゆくなる?

花粉症というと、鼻水や目のかゆみなどの症状を思い浮かべる人が多いと思います。

ですが、実は花粉症で悩む人のうちの約7割もの人が鼻や目の症状のほかに、喉のかゆみや違和感を感じているんですよ。

喉のかゆみや違和感の原因は、花粉に含まれるアレルゲンが喉の粘膜について、炎症が起こったり、鼻づまりによって口呼吸になり、喉が乾燥してしまうことなどです。

花粉症のそのほかの症状

花粉症が原因の症状には、のどのかゆみ以外にどの様な物があるんでしょうか?

代表的な症状では、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等ですよね。

目の症状にでは、目のかゆみ、涙が出る、目がゴロゴロする、まぶたの赤み、腫れ、目の充血等が挙げられます。

これらの一般的な物に加えて、のどのかゆみや痛み、痰が出たり、皮膚のかゆみ、微熱が出る人もいるようです。

スポンサードリンク

花粉症ののどのかゆみを抑える方法

こまめにうがいをする

こまめにうがいをすることで、喉の粘膜についた花粉アレルゲンを取り除きましょう。

うがいをすることは、喉を潤すことにもつながるので、喉の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

口の中に溜まった粘液は、外に出すこと

花粉症によって、喉にたんなどの粘液が溜まることがあります。

それらにはアレルゲンが含まれているので、必ず外に出すようにしましょう。

鼻水をこまめに出すこと

花粉症になるとサラサラの状態の鼻水がよく出ます。

それも、たんなどと同じようにアレルゲンが含まれているので、外に出すようにしましょう。

喉を潤すこと

喉が乾燥させないように、こまめに水分補給をして外に出るときはマスクをして乾燥に注意しましょう。

花粉症でのどがかゆい時のまとめ

花粉症によって喉が痒くなるのは、喉の乾燥と花粉症のアレルゲンによるものです。

その喉のかゆみを解決するためには、花粉アレルゲンを体内に入れないことが大切になってきます。

喉や鼻に溜まった老廃物を出し、マスクをつけたり水分補給をして、喉を潤しましょう。

さらに、マスクに一工夫する事で、花粉の侵入を防ぐ効果が上がります。

例1:洗った綺麗なガーゼをマスクに重ねる。

例2:コットンをガーゼで包み、それをマスクに重ねる。

手間が少しかかりますが、これでより花粉を防ぐことができます。

花粉症は、なった人にしかわからない辛さがあります。

その辛い悩みから解放されるには、細かな対処法が鍵になります。

とても小さなことですが、どうぞ実践してみてくださいね。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする