チョコレートの賞味期限は?常温が良い?手作りの場合は?

チョコレートと言えば、大人から子供まで一番人気のお菓子ですよね。

最近では健康効果も期待されていますし、頭も良くなると言われているようですよ。

バレンタインやクリスマス時期だと、手作りしたりする事もありますが、こんな時には保存方法や賞味期限についてはどうしたら良いんでしょうか?

今回はチョコレートの賞味期限や保存方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

チョコレートの常温での賞味期限は?

まず、チョコレートは種類によって最適な保存温度が違います。

一般的なチョコレートは常温保存が適しています。

生チョコなどの生クリームを使ったものは、要冷蔵(10℃以下)です。

賞味期限も同様に種類によって変わってくるので、種類別にご紹介していきます。

まず初めに、一般的なチョコレートの賞味期限は、数週間~長いものだと2年くらい持つものもあります。

ミルクチョコレートとホワイトチョコレートは、比較的他のチョコレートに比べ、賞味期限は3ヶ月と短いので、保存期間に気をつけましょう。

生チョコは、一番賞味期限が短く、数日~長くても2週間ほどです。

チョコの種類によってこんなにも賞味期限が違ってくるので、きちんと確認をして保存・食べることをおススメします。

チョコレートによって賞味期限は違う?

まず、チョコレートの保存方法や賞味期限はチョコレートの種類によって変わってきますので、保管の際には注意が必要です。

板チョコに関しては、一番持ちが良く、長くて1年くらい持ち、短くても1ヶ月と言われています。

製菓用と同じく、シンプルで何も入っていない物は比較的賞味期限は長く持つと言われていますが、ミルク等が色々入っているチョコレートは、賞味期限が短くなります。

常温保の際には、直射日光を避け、湿気の少ない涼しい所で保存しましょう。

夏場は室温が高くなりますので、冷蔵庫保管がおすすめですが、冷蔵室は冷えすぎるので、野菜室が付いている冷蔵庫をお使いの方は「野菜室」で保存しましょう。

ただし、生チョコレートや果物が入ったチョコレートは冷蔵庫保存をして下さいね。

因みに、一般的なチョコレートを冷蔵庫で保存してしまうと品質が低下して、味が落ちてしまいますよ。

スポンサードリンク

手作りチョコレートの賞味期限は?

手作りチョコでも種類によって、賞味期限は変わってきます。

手作りチョコは、一般のチョコに比べると日持ちが悪く、作った日から4,5日で食べてしまいましょう。

果物を使用しているチョコは当日か翌日には食べましょう。

手作りをチョコ作った場合は、渡すまでの日にちも考慮して、なるべく早めに食べてもらえるように配慮することをおススメします。

まとめ

チョコレートは、製品により賞味期限や保存方法が違うのです。

長くて2年、一番短くて1~2日と大きく差がありますので、チョコレートの種類を見極めて保存するようにしましょう。

一番気をつけないと行けないのは、生チョコと手作りチョコです。

手作りのチョコに関しては、中に何のチョコを使っているのか、何が入っているのかをしっかり確認して保存するのが良いのですが、なかなか聞きにくいですよね?

そんな時には、当日中に食べてしまいましょう!

良く分からないのに長期間の保存をしない様に気をつけてくださいね。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする