チョコレートのシミ。どこにでもある○○で簡単にできる取り方と注意点!

お菓子といえば「チョコレート」というくらい誰でも親しみのあるチョコレート。

我が家の子供達もチョコレートが大好きでおやつには欠かせません。

そんなチョコレートですが、手についたり、テーブルについたり、洋服についてしまったり、汚れやすいお菓子でもありますよね。

脂分も多いため、汚れも取りにくくてどうやったら綺麗に取れるのかわからない方も多いようなので、今回はチョコレートのシミ取りの簡単な方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

チョコレートのシミがついた時気をつけることは?

チョコレートのシミをつけてしまった場合は、シミ取りをする前に気をつけていただかないといけないことがあります。

それは絶対に慌ててこすってしまわないことです。

汚れが付くと慌てて布やティッシュなので擦ってしまいがちですが、生地を傷めてしまったり布の奥の方にチョコ詰め込むことになってしまいますので慌てて擦り取ろうとしないようにしてください。

これはチョコレートだけでなくガムやクリームなど洋服に染み込みにくい汚れがついてしまった時にも共通して言えることです。

また、洋服に使われている生地の見極めも重要です。

もともと家庭で水洗いできない洋服の場合は、染み抜きを行うとシミが広がってしまったり輪ジミが発生する場合がありますので、そういった洋服はクリーニング店に依頼するようにしてください。

クリーニング店にシミ取りを依頼する際は、「しみの箇所」を伝えることは もちろんですが「シミが何のシミなのか」、「どんな方法で汚れ落としを試したのか」などを伝えておくとより綺麗に仕上がりますよ。

スポンサードリンク

チョコレートのシミの取り方

チョコレートのシミは家計の食器用洗剤を使うことで綺麗に落とすことができますので、一度試してみてください。

  1. シミの上に食器用洗剤を原液のまま塗る。
  2. 要らない歯ブラシや綿棒に洗剤をつけてシミを軽く叩く、浮いてきた汚れをタオルやウエスなどでふき取る。これを何度か繰り返します。
  3. ある程度汚れが落ちてくると思いますので、次は40度前後のお湯で優しく揉み洗いをする。
  4. 洗剤が残らないようにしっかりすすぐ。
  5. そのまま洋服にあった洗濯方法で全体の洗濯をする。

この方法で落としにくいようであればメイク落としに使うクレンジングオイルも試してみてください。

チョコレートは油性の汚れなので油汚れに強い食器洗剤やオイルでできているクレンジングオイルなどが効果的です。

チョコレートのシミの落とし方 まとめ

チョコレートのシミは見た目にもインパクトがありますので、ついついこすってしまいがちですが、これはかえってシミが広がったり、汚れが取りにくくなってしまうので絶対に避けてください。

できるだけダメージを広げないようにして、食器用洗剤やクレンジングオイルを使って優しく汚れ落としをしてください。

ただしデリケートな生地の場合には「食器用洗剤」や「クレンジングオイル」を使うことで生地自体にダメージを与えてしまうこともあります。

事前によく確認の上、お試しください。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする