花粉症の症状でも、頭痛や吐き気はおきるの?

春先や秋になると、花粉が気になり始めますよね?

私も花粉症で毎年悩まされていて、頭痛や吐き気がある時もあります。

でも、これって風邪では?なんていつも思ったりもします。

しかし、色々と調べてみると、花粉症で頭痛や吐き気に悩まされる方も多いようです。

どうして花粉症で頭痛や吐き気がするのか?

他の病気の心配はないのか、まとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症の症状で頭痛は起こるの?

実は花粉症が原因で、頭痛が起きることは珍しいことではありません。

直接、花粉によって頭痛が起きるわけではありませんが、花粉症の一般的な症状が引き金になって、頭痛を起こす事になります。

花粉症で引き起こされる頭痛にはいくつかのパターンがあるようです。

まずは、その5つの原因を1つずつ解説していきます。

①脳が酸欠状態

主に鼻粘膜の炎症によるものであり、花粉が原因で鼻の粘膜が腫れる事によって、頭痛を起 こしやすくなります。

②副鼻腔炎

鼻の横、目の下あたりに空洞があり、その空洞の事を「副鼻腔」と言います。

この副鼻腔に花粉が入る事によって、炎症を起こすのです。

③睡眠不足や肩こり

終始不快な症状が続くと筋肉の緊張により、首や肩こりの原因に、なることもあります。

④蓄膿症

花粉と蓄膿症は合併症であり、頭痛の原因になります。

⑤自立神経の乱れ

花粉症は、自律神経を乱す事によって頭痛を巻き起こします。

花粉症の症状で吐き気は?

花粉症の時期に吐き気を訴える方も実は多いのです。

吐き気の場合にも、頭痛と同じで原因で上記の症状が原因になります。

体質やその時の体調により、頭痛が出たり、吐き気が出たりするようです。

人によっては、頭痛と吐き気が同時に出てくる方もいます。

脳が酸素不足になると、以下の様な色々な悪影響が出ます。

・集中力の低下

・肥満

・偏頭痛

・老化現象

・視力の低下

・貧血

・冷え性

・慢性疲労

・むくみ

・肩こり

こういった症状も間接的には花粉症の影響になりますので、頭に入れておいてください。

スポンサードリンク

花粉症以外の可能性は?

しかし、花粉症以外の可能性も、もちろん考えられます。

花粉の症状と似ている間違われやすい症状

  • 全ての症状で一般的な風邪
  • 鼻水の症状は副鼻腔炎
  • 鼻づまりの症状は蓄膿症
  • 目の痒みの症状は結膜炎

も考えられるのです。

これらの症状は、花粉症の症状の定番なので、勝手に花粉症と判断をしてしまう方が多く病院に行くのが、遅れてしまう方も多いのです。

鼻水・鼻づまり・目の痒みが出てきたら、自分で判断をしないで、病院でのアレルギー検査をオススメします。

一度検査をしておくことで、何に対してアレルギーなのか把握することができるので、気を付けるべき期間がはっきりとわかります。

花粉の症状での頭痛・吐き気のまとめ

花粉症で頭痛や吐き気に悩まれる方は以外にも多い。

しかし、他の病気の可能性もあるのでアレルギー検査を受けていない場合には、一度検査をしておくことがおすすめ。

花粉症が原因であれば、鼻の通りをよくする対処方法をすることで、頭痛や吐き気が軽減する場合もありますよ。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする