小学校の卒業式では袴が【禁止】ってホント?

卒業式を迎える6年生になると、「もう中学生になるのか・・・大きくなってくれたな。」という感慨深い気持ちになりますよね。

そして、卒業式が近づいてくると「卒業式に何を着せよう?」って事も悩みますよね。

先輩ママに相談したり、ママ友に連絡したりとたくさんの方に相談してしまいます。

最近では袴が人気ですが、学校によってはNGだったりするようです。

ちょっと、卒業式の袴についてまとめてみます。

スポンサードリンク

卒業式で袴が禁止の学校は多いの?

卒業式で袴を禁止している小学校が増えているようです。

袴は男女問わずに人気の様で、女の子だけではなく、男の子も袴で卒業式に参加しています。

袴姿で真っ先にイメージするのが、女の子の大学の卒業式スタイル。

そもそも袴は、明治大正時代に女学校に通っている女性達が動きやすい服装として着用していたのが始まりと言われています。

マナーの点から見ると、本来の正装ではありませんが、学校の卒業式のような場での着用でも一般に問題はないようです。

しかし、地域や学校によっては袴や和装が禁止の小学校もあるので、事前に小学校に問い合わせをして下さいね。

小学校の卒業式で袴が禁止の理由

小学校の卒業式で袴が禁止の理由を調べてみました。

・華美になりすぎる。

・華美競争を招くのは、学校の本意ではない。

・学校は階段が多く、移動の際、怪我をする恐れがある。

・トイレが大変で、式が始まる前に袴が崩れてしまう。

・着崩れた時に子どもが自分で直せない。

などなど。

禁止理由の一部ではありますが、分からなくはないですね。

確かに怪我をする恐れやトイレが大変だったり、さらには競争してしまうとせっかくの晴れ舞台が台無しになってしまいますよね。

小学校によっては、袴禁止の手紙が配られる事もあるようです。

スポンサードリンク

卒業式にオススメの袴以外の服装

男の子

  • スーツ
  • ブレザー(ジャケット)+パンツ
  • ニットのセーター(カーディガン)+パンツ(チノパン)

といった服装がオススメです。

オススメの色目は、黒のチェック柄が一番人気です。

グレーも大人っぽくて素敵ですね。

女の子

  • 制服風のスーツスタイル
  • スカート(タータンチェック)
  • 赤色スカート+白のセーター

といった服装がオススメです。

スカートに関しては、タータンチェック柄が一番人気です。

セーターを合わせるスタイルも人気です。

色合いは、リボンやスカートは赤やピンクが人気で、最近は色々なお店で見かけることも多いですよ。

小学校の卒業式のまとめ

学校や地域によっては袴が禁止の場合もあります、必ず学校へ確認をしましょう。

禁止の場合には、色々な理由があるはずです。

袴が禁止の場合には、いくつかの卒業式ファッションを提案して、お子様と一緒に選んで楽しみましょう。

せっかくの卒業式ですから、前向きにとらえてお気に入りの服装が見つかるように親子でご相談してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする