葛飾納涼花火大会2017年の日程や穴場,有料席情報【動画あり】

毎年7月下旬に開催される「葛飾納涼花火大会」は葛飾の夏の風物詩で、今年で51回を数えます。

葛飾納涼花火大会は打ち上げ場所から会場が近く、1万発を超える迫力のある花火を存分に満喫することができます。

ただ、同時に大会の規模がかなり大きく、人気があるためにかなり混雑します。

そこで、今回は葛飾納涼花火大会を混雑を避けつつ、花火を楽しむおすすめの穴場スポットや、アクセスについて、有料席の情報についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会の開催場所はどこ?開催日時はいつ?

2017年の葛飾納涼花火大会の日程と打ち上げ時間

【開催日程】

2017年7月26日(水曜日)※予定

【開催時間】

19時20分~20時20分※予定

【場所】
葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

葛飾納涼花火大会の最寄り駅はどこ?

柴又駅、金町駅、新柴又駅の3ヶ所が最寄り駅になっています。

京成線:柴又駅下車 徒歩 約10分

JR線:金町駅下車 徒歩 約20分

北総線:新柴又駅下車 徒歩 約15分

※柴又駅はもっとも近いのですが、混雑が予想されており、逆に新柴又駅が比較的すいています。

お車で行こうとお考えの方は、駐車場は整備されていますので、早めに出かければ駐車は可能ですが、帰りの大混雑は避けられません。

帰りにスムーズに帰りたい方や、お出かけになる時間が遅めの方は、最寄り駅である柴又などから少し離れた場所の駅に車を停め、そこから電車で向かわれることをおすすめします。

葛飾納涼花火大会のみどころは?

葛飾納涼花火大会は打ち上げ場所が近く、大迫力の花火がたのしめますし、毎年恒例になっているキャラクター花火も人気があり、子供も大人も楽しめます。

花火自体は全7ステージのプログラムで構成されていて、約1万3000発の花火を60分ほどで盛大に打ち上げます。

去年は、下町のお祭りを再現するドレミ花火、東京オリンピック開催決定記念の五色のデジタルスターマイン、日本最古の花火「和火」を楽しむステージなどが繰り広げられました。

また、フィナーレのしだれ柳は大会の名物になっています。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会の穴場スポットは?

【穴場その1:新葛飾橋(水戸街道)】

東京都葛飾区金町から千葉県松戸市上矢切にかかっている橋で、国道六号線にあります。

比較的近い距離で、花火が全体を見渡すことができます。

最寄駅:JR常磐線「金町」駅/京成金町線「京成金町」駅

【穴場その2:江戸川河川敷(千葉県松戸市側)】

会場となるのは葛飾区側ですが、江戸川対岸の千葉県松戸市側は打上会場付近付近でも、混雑をさけて花火をゆっくりと楽しむことが出来ます。

場所取りをしなくても座れますし、出店や仮設トイレもあります。

千葉県松戸市下矢切(最寄駅:北総線「矢切」駅)

【穴場その3:松戸矢切高校跡地】

2011年に統廃合された、千葉県立松戸矢切高校の跡地付近も花火が見られます。

打上会場のちょうど正面側。

( 最寄駅:JR常磐線「金町」駅・京成金町線「京成金町」駅/北総線「矢切」駅)

2016年に対岸側から撮影されたと思われる動画をyoutubeにアップしてくれている方がみえましたので、参考にどうぞ。

葛飾納涼花火大会の有料席情報

葛飾納涼花火大会の有料席とは

葛飾納涼花火大会では毎年、有料指定席を販売しています。

平成28年度は 5月21日(土曜日)午前10時から販売され、7月上旬には完売していたようです。

有料席を利用するメリットとしては、

・小さな子供がいても安心
・専用トイレがあり、女性に優しい
・場所取り不要でゆったり観賞できる
・間近で花火を全身で体感できる

といったものがあげられます。

美しい花火を間近で、リラックスして見ることができるので、ゆったり観賞したい方はお試しください。

葛飾納涼花火大会の有料指定席の料金

有料指定席には種類があります。


●2人マス席(ビニールシート敷)
金額   1マス 7,000円(1マスで2人まで入場可)
設置数  1,107マス

●4人マス席(ビニールシート敷)
金額    1マス 10,000円(1マスで4人まで入場可)
設置数   361マス

●グループ席(ビニールシート敷)
金額    1マス 12,000円(1マスで6人まで入場可)
設置数   58マス

購入方法

受付、詳細は葛飾区コールセンター「はなしょうぶコール」(03−6758−2222)

または公式HPを確認ください

葛飾納涼花火大会2017 まとめ

葛飾納涼花火大会は総打上数、動員数など、全国の花火大会の中でも上位に位置する
大規模な花火大会です。

しかし、葛飾納涼花火大会の魅力はそれだけに尽きません。

花火自体のエンターテイメント性と深い情緒に溢れる下町光景は、老若男女問わず、日本の夏の風情を胸いっぱいに感じさせてくれるはずです。

葛飾納涼花火大会で、2017年の夏を大切な人と忘れ難い夏にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
   

あなたにオススメの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする