セレブレーションホテルのスタンダードルームの違いは何?予約時に悩んだ結果!

東京ディズニーセレブレーションホテル、ウィッシュとディスカバーのスタンダードルームには部屋タイプが3種類あります。

少し違いが分かりにくかったので、予約する時に皆さん違いで悩むと思いますのでまとめておこうと思います。

スポンサードリンク

セレブレーションホテルスタンダードルームの違い

まず、4人で予約を入れようとするとお得なお部屋をお探しだと、「ウィッシュスタンダードルーム」、「ウィッシュスタンダードルーム ガーデンサイド」、「ウィッシュスタンダードルームオーシャンサイド」の3タイプが表示されます。

ガーデンサイドオーシャンサイドの違いはなんとなくおわかりになると思います。窓の外に中庭が見えるのか海側が見えるのかの違いですよね。

ただ、もう一つのタイプの「スタンダードルーム」これが分からなくて悩んだんですが、色々と調べた結果、こちらは庭でも、海でもない景色が見えるお部屋のようです。

具体的にはもう1棟のホテルのディスカバーや、 ホテルなどが見える部屋のようです。

3部屋ともお部屋タイプは全く同じ仕様のようですが、オーシャンサイドのみ客室料金が少し高く設定されています。

ちなみに、3名までの宿泊であれば「ウィッシュコーナールーム」、「ウィッシュトリプルルーム」というベッドが3台の客室もあります。

この東京ディズニーセレブレーションホテルは、今までのディズニーホテルと比べるととてもお得な客室料金ですが、ロビーや客室内にはディズニーランドをモチーフにしたアートや家具が配置されていますし、ディズニーホテルの各種特典もしっかりと利用できるようです。

追記

「ウィッシュスタンダードルームガーデンサイド」に宿泊してきました。

写真には見切れてしまいましたが、左側にもう一台シングルベッドがあります。

壁の絵もかわいくて、子供たちは喜んでいました。

1階のコンビニでは商品にもディズニー柄の物が多く並んでいて、ここでお土産が買えてしまいそうでしたよ。

ちなみにコンビニにお買い物に行く時には、中庭に出てイルミネーションを近くで見る事も出来ます。

スポンサードリンク

ディズニーセレブレーションホテル宿泊者特典

ディズニーホテル宿泊者限定のハッピー15エントリーを利用して15分入れますし、荷物を預けるバゲッジデリバリーサービスやチェックイン時間より前に宿泊手続きをできるプリチェックインも利用できます。

混雑時期には入場制限のかかる東京ディズニーランドや東京ディズニーシーですが、ホテル宿泊者は入園も保障されていますので、安心して東京ディズニーリゾートを利用できます。

2016年11月22日(火)、東京ディズニーランドに新エリア「キャンプ・ウッドチャック」がオープンしました!

ディズニーセレブレーションホテルへのアクセスについて

電車はご利用の場合は武蔵野線舞浜駅無料シャトルバスにて約15分、武蔵野線新浦安駅からは東京ベイシティバスで、ベイサイドホテルエリアで下車になります

車を利用の場合は、駐車場がチェックイン当日の0時からチェックアウト日の正午12時まで1泊ごとに普通乗用車1台が1000円で利用できます。

ただし、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのゲストパーキングを利用する場合には別途駐車料金が必要です。

こちらの東京ディズニーセレブレーションホテルは非常に人気が出そうなのでご利用検討中の方は早めに予約を取っておくことがオススメです。

記事内の内容については、変更になることもございます。

詳しくは東京ディズニーリゾートまでお問い合わせ頂きますようお願いいたします。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする