日焼けの対処、運転中の腕の日焼け予防とグッズ

温かくなってくると気持ち良いですが、油断するとすぐに日焼けしてしまいますよね。

特に気を付けないといけないのは運転中です。

屋外のイベントに出掛ける時などは、誰でもしっかりと日焼け止めをしてお出かけしますが、ちょっと車に乗る時などは意外に忘れがちで、腕だけ日焼けしてしまったりします。

そんな、うっかり日焼けしてしまった場合の対処と、運転中の日焼けを避ける方法をまとめます。

スポンサードリンク

日焼け後のケアの仕方とポイント

患部を冷やす

日光に当たった後に、ヒリヒリしたりほてりを感じる時は、お肌が炎症を起こしてしまった証拠です。

冷たいおしぼりなどで患部を冷やしましょう。

この時にもっと冷やそうと氷を当てたりする方もいらっしゃいますが、氷までいくと刺激が強すぎて、あまり良くありません。

まずは水で、十分に冷やしましょう。

冷却の次は、保湿しましょう。

冷やす作業がおわって、炎症がおさまってきたと感じたら、とにかく保湿をしましょう。

日焼けで肌は想像以上に乾燥していますので、保湿の仕方もいつもよりも、デリケートに丁寧に行いましょう。

日焼けをした後では、お肌の内側の水分が失われてしまいます。

すると、シワやシミはもちろんですが、お肌が乾燥してしまい色々なトラブルが起きやすくなってしまいます。

そこで水分補給をして、お肌の乾燥を防ぎ、トラブルを回避しましょう。

うっかり日焼けをしてしまっても、その後のケア次第ではシミやシワが出来にくくなりますので、面倒だと思っても、これでお肌の老化現象が現れてくる早さが違ってきます。

しっかりと日焼け後のお肌に水分補給をしていきましょう。

基本的には化粧水は刺激の少ない美容成分や美白成分の入っていない物をつけますが、最近では日焼け後に使用できる有効成分が入った化粧水などもありますので、状況に応じてご利用ください。

より肌に浸透しやすい成分の物や、付ける時に刺激の少ないスプレー式のタイプも発売されています。

お肌が日焼けにより敏感になっていますので、強いパッティングなどは控えて、肌に刺激を与えない様に優しく付けてください。

化粧水でのケアが終わったら、乳液や保湿クリームなどで仕上げをしましょう。

乳液が苦手だという人も、さっぱりめの保湿クリームなどを使って保湿の仕上げをしてください。

また、身体全体への水分補給として、ビタミンCを含んだ飲み物を飲んでおくとさらに良いですね。

スポンサードリンク

運転中の日焼け予防の仕方

アームカバーを着用する

最近では多くの人がアームカバーを利用しています。

アームカバーや長袖のアウターを着ることである程度の紫外線対策になります。

ただし、UVカット加工のないものでは、紫外線を通してしまいますので、目の詰まった布を選ぶか、UVカット率が高いものを選ぶのがポイントです。

より効果を高めるために、アームカバーをする前に日焼け止めクリームを塗るようにするとなお良いですね。

サングラスや飲む日焼け止めで全身を保護する。

実は車内などで腕以外に紫外線が当たっていなくても、他の部位もメラニンを生成し黒くなることが最近の研究では分かっています。

それは、目が紫外線を感じた事で、脳に情報を送り、体の他の部分にもメラニンを生成する指令を出すからです。

つまり、肌にしっかり日焼け止めを塗っていたり、体を服で覆っていても、脳が紫外線を感知すると肌は黒くなるということです。

それを避けるには、サングラスを使用して目に紫外線が入るのを防いだり、飲む日焼け止めを服用してメラミンの生成を抑えることが有効です。

サングラスはレンズの色の濃さによって紫外線をカットする効果が違うわけではありませんので、紫外線カット加工がされていると表示のある(紫外線透過率1.0%以下など)物であれば透明でも大丈夫です。

飲む日焼け止めについては、最新日焼け対策で話題の「飲む日焼け止め」の記事もご参考にどうぞ。

サングラスについては、日焼けして目が痛い!困らない様に対策しましょう!【コンタクト使用の時には?】の記事をご参考にどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日焼けしてしまった場合には、直近の事だけでなく今後のシミやたるみの対策も考えて、しっかりと冷却と保湿を行いましょう。

また運転中の日焼け予防に関しては、腕の日焼けを抑えるためにUVカット効果のあるアームカバーで物理的に避ける事と、同時にサングラス飲む日焼け止めで、体全体のメラニンを増やさない様にするとベストです。

続けることが大切なので、自分に合った予防方法を探して、肌を紫外線から守りましょう。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする