日焼けでかゆみがひどい!【ブツブツが出来ている時には?】

日焼けをすると、痛くなったりかゆみが出たりする人が多いのですが、中にはぶつぶつが出来てしまう人もいます。

この「ブツブツ」場合によっては、アレルギーの可能性もありますので、ブツブツが良くできる方は状況をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

日焼けによるブツブツの原因

日焼け後のお肌にブツブツが出てしまう人は、基本的に色白で日焼けをしても黒くなりにくい人に多く見られる症状です。

一般的には日焼けをすると肌が赤くなり、その後次第に黒くなっていきます。

しかし、中にはお肌が赤くならずにブツブツだけが出来てしまうという人もいるのです。

この場合には、日焼けをしたことで作られるはずのメラニン色素が十分に作られず、アレルギー反応を起こしてブツブツが出来てしまっている場合と、単純に皮膚がやけどを起こすことで肌が荒れて、ブツブツが出来てしまっている場合があります。

アレルギーが原因でブツブツが出来ることも?

紫外線アレルギーは日光アレルギー、日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれ、日光や日光の紫外線が原因で引き起こされるアレルギー反応のことをいいます。

一般的には問題のない量の紫外線を浴びることによって皮膚に湿疹が出来たり、赤く腫れあがったり、痒みを伴う症状が出てしまいます。

アレルギーかどうか見分けるには?

皮膚の異常が、アレルギーによるものかどうかを確実に確かめる方法は、皮膚科で検査を受けることです。

「光線過敏症テスト」というものです。

背中やお腹などに紫外線をあて、血液検査、パッチテストなどを行い、結果を見ます。

スポンサードリンク

アレルギーの治療法

紫外線アレルギーという事が診断されると、軽い症状の場合は非ステロイド剤、症状がひどい場合にはステロイド剤が処方されるようです。

かゆみが強かったり、症状を根本的に抑えたい場合などには、内服薬の抗アレルギー薬が処方されます。

しかし残念ながら、現在では紫外線アレルギーの治療は、対症療法が基本です。

根本的な治療方法や治療薬はありませんので、日常生活で紫外線を浴びないように気を付ける事になります。

アレルギーではない、肌荒れによるブツブツの治療法

まずは、日焼け止めやメイクをしっかりと落とすこと!

日焼け止めやメイクは肌に与える負担がとても大きいため、しっかりと行いましょう。

また、日焼けしてブツブツができた部分は、濡れタオルなどでしっかり冷やすことが大切です。

そうして肌の熱を取り除いてから、化粧水などを使い保湿することで様子をみましょう。

日焼けによって出来たブツブツは、数日で自然になくなる事が多いのですが、かゆみが強かったり、ブツブツが消えない場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日焼けしてブツブツが出来た場合は、早めに病院に行って検査する事をおすすめします。

放置していると、症状が悪化してただれのようになる可能性があります。

また紫外線によるアレルギーだった場合は、なるべく紫外線に当たらないように工夫し、上手にアレルギーと付き合っていく必要があります。

皆さんも、たかが日焼けと侮らないようにしてくださいね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする