日焼けして目が痛い!困らない様に対策しましょう!【コンタクト使用の時には?】

 プールや海水浴、スポーツなどで長い時間外にいると、目が痛かったり、疲れたりしませんか?

それは「目が日焼けしている」のかもしれませんよ。

日焼けの予防やケアは皮膚だけで無く、目にも必要なんですよ。

スポンサードリンク

目も日焼けするの?

当然ですが、肌と同じように、目も紫外線を浴びることで日焼けをします。

UV-Bは角膜に強い影響を与えますし、UB-Aの作用は長い年月をかけて目への悪影響を及ぼします。

紫外線がシワやシミの原因となる事はほとんどの人が知っていると思いますが、紫外線が白内障や翼状片などの目の深刻な病気の原因の一つとなっている事を知っている人は意外と少ないのです。

しかし、「目の日焼け」と言っても、「目が日焼けして黒くなる」ということではありません。

見た目には変わりませんが、紫外線によってダメージを受けているということです。

目の日焼け予防法

目も紫外線によってダメージを受けるので、やはり日焼け防止を考えましょう。

サングラスやUVカット機能付きのメガネをかける

目を日差しから守ると言えば、サングラスですよね。

欧米の方は日本人よりも目の色素が薄いのでまぶしさを感じやすく、外出時には普通に使われていますよね。

しかし、日本人には少し馴染みが薄いこのサングラス、選ぶときには、重要なポイントがあります。

ポイントを押さえたサングラスを使用することで、目をしっかりと保護できます。

その重要なポイントとは、

  • UVカット加工がされている(紫外線透過率が低いほど良い)
  • レンズはなるべく大きめの物

紫外線透過率というのは、かんたんに言うと、紫外線を通してしまう割合のことでこの値が低いほど紫外線を通しません。

つまり紫外線透過率1%のサングラスの場合、紫外線を99%カットしてくれる、という意味です。

さらに、目の周りの皮膚は非常にデリケートなため、出来るだけ大きめのレンズで瞼も保護しましょう。

ちなみにサングラスをかけるのが恥ずかし方もいらっしゃるかと思います。

そういう方は、

UVカット率は高く、レンズの色が薄いものを選びましょう。

最近では「ほぼ無色のUVカットレンズ」もありますので、メガネ感覚で着用できますよ。

また、逆転の発想で「大きめの真っ黒いサングラス」で知人に会っても分からない様にしてしまう方法もありますね。

UVカットのコンタクトを着用する

UVカット機能つきのコンタクトレンズを使うことも効果的です。

UVカット機能のついたコンタクトレンズは、レンズに紫外線を吸収する成分が含まれていて、紫外線カット率は95から99パーセントの物もあります。

コンタクトレンズは直接角膜の上にのせ、角膜を覆った状態になるので、隙間から入ってくる紫外線もシャットアウトできますから、サングラスよりも効果的です。

しかしコンタクトレンズは黒目の部分のみになりますので、それ以外の部分を保護することができません。

そのため、サングラスなどを併用することで、紫外線対策としてはより効果的に活用しましょう。

目が日焼けすると肌も日焼けする?

目が紫外線によってダメージを受けると、急性・慢性の目の病気の原因になるのですが、実はその影響は思わぬところにも及んでいるんですよ。

マウスを使った実験によって直接皮膚に紫外線が当たらなくても目から入った紫外線の影響によって、肌も日焼けしてしまうという結果が出ているようです。

  1. 目に紫外線を浴びる。
  2. 角膜に炎症を起こす。
  3. その炎症の刺激が脳下垂体に伝達。
  4. 防衛反応としてメラノサイトがメラニンを生成。

つまり、肌に日焼け止めをしていても、目からの刺激を受けた脳がメラニンを生成してしまうという事ですね。

最近は「飲む日焼け止め」と言った商品も人気があるそうです。

ちょっと、副作用がありそうで怖い気もしますので、こちらも記事で調べてみました。 ↓↓

最新日焼け対策で話題の「飲む日焼け止め」副作用があるってホントなの?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あまり馴れていない方も多いかもしれませんが、サングラスはおしゃれよりも実用的な意味でとても良いものですから、ぜひ使ってみてください。

コンタクトを着用する方は、サングラスとUVカットコンタクトを併用するというのが最も効果的です。

またUVケアの目薬も販売されているため、そちらを使用して目の日焼けを軽減するのもありかもしれません。

肌だけでなく目の日焼け予防もしっかり行いましょう。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする