プールや海水浴の時、財布やスマホの保管方法どうしてる?

夏のお出かけと言えば、プールや海は外せませんよね?

当然、家族や仲間と思いっきり楽しみたいところですが、中には荷物番らしきことを交代でしているグループもあったりします。

せっかくの機会にちょっと残念ですよね。

でも、財布やスマホ、貴重品は大切ですし・・・

皆さんはどうしていますか?

海水浴やプールに出掛けた時の「貴重品の保管方法」をまとめてみましたので、参考にどうぞ。

スポンサードリンク

貴重品は最低限で。

まず、大前提としてお金、貴重品はあまり持っていかないようにしましょう。

海水浴に行く際にお金を使う場面は大体、電車・タクシー等の交通費、飲食代、ロッカー・シャワー代ぐらいです。

交通費以外に関しては3000~5000円あれば十分足ります。

出かける前に、あらかじめ財布の中身をチェックして貴重品はなるべく】もっていかない様にしましょう。

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 免許証
  • 高額紙幣

などは不要であれば置いていったり、いつもの財布ではなくコインケースなどで必要な分だけ持ち歩くようにしましょう。

これで、紛失という最悪の場合でも、ダメージは最小に抑えられますよね。

財布やお金の保管場所

いくら、紛失した場合に備えたといっても、やはり無くしたくはないですよね。

現地についても保管に気を付ける訳ですが、どんな方法があるんでしょうか?

海の家に預ける

最近はあまり見かけませんが、田舎の方の海の家では、荷物の預かりサービスがあるところがあるので、それを利用する方法があります。

安全性がどれくらい確保されているかは海の家によって違うと思いますが、砂浜に放置するよりははるかにマシだと思います。

コインロッカーに預ける

荷物預かりのシステムが無い、海の家ではコインロッカーがあると思います。

自分が鍵をなくさない限り安全性は高いのですが、コインロッカーの数に限りがある事と荷物の出し入れの度にお金がかかるのが気になるところですね。

混雑が予想される場合などは、最寄り駅などにあるコインロッカーに帰りの交通費などを預けておくのも、リスクヘッジになりますよ。

車に保管する

車で行く場合には、車の中に置いておくというのも1つの方法です。

しかし車上荒らしに遭う危険性もあるので、車の中に入れておくのであれば、社外から荷物が見えない様にトランク部分に入れておくなど対策しておくことも大事です。

駐車場に監視員がいたり、大通りに面した駐車場だと少し安心できますね。

スポンサードリンク

自分で身に付ける場合は?

究極の方法は自分自身で身に付けている事です。

すぐに使えて便利ですし、スマホが防水タイプならこの方法がおすすめです。

最近ではグッズも色々と出ていますので、ピックアップしてみました。

腕に巻き付けるタイプの防水アームポーチを使用すると、スマホやお金もアームポーチに入れて持ち歩くことができるので、便利ですね。


他にも、身には付けれませんが、ペットボトルや缶そっくりの隠し金庫が発売されています。

この隠し金庫は、見た目は市販の缶ジュースやペットボトル飲料そっくりなので、効果的です。

あと、スマホを防水ケースに入れたり、アクアパックにストラップを付けたりして持ち歩けるようにすれば、1番安心できるのではないでしょうか。

他にも、ポーチ自体が浮き輪の様になる「エマージェンシーフロート」という商品も、話題性もあって面白いですね。

また、防水ポーチを首からかけているとお金が丸見えで不安という方は、上にTシャツなどを羽織りましょう。日焼け防止にもなって一石二鳥です。

まとめ

ビーチでの貴重品管理のポイントをいくつかお伝えしましたがいかがでしたか?

ビーチでみんなで思い切り遊ぶためにも、まずは持っていく貴重品を最小限にしたうえで、盗難防止の対策をしましょう。

海の家でも、貴重品の管理は自己管理になってしまうので、しっかりと予防するようにしましょうね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする