五一わいん桔梗ヶ原メルロの評価と最安の価格はこちらから

【 所さんお届けモノです!でも紹介された日本産ワインの名品桔梗ヶ原メルロの評価や最安価格をまとめました 】

*こちらの記事は20歳以上の方を対象にしています。

桔梗ヶ原メルロを生産している林農園は、1911年(明治44年)創業者 林五一が信州桔梗ヶ原に入植し、ぶどうを始めとした果樹の栽培を始めました。

1919年(大正8年)第一号のワイン「鷹の羽生ブドウ酒」製造開始したとのことなので、100年以上の歴史をもつワイナリーです。

いまでは国内外のワインコンクールでいくつもの賞を受賞しています。

ぜひ、日本の誇るワインをお試しください。

五一わいん桔梗ヶ原メルロの最安価格

五一わいん桔梗ヶ原メルロの最安値でのお買い物はこちらからどうぞ。

お使いのネットショップに合わせてアマゾン、楽天、ヤフーショッピングから選んでくださいね。

五一わいんが1931年(昭和6年)に製造を開始した、果汁100%のグレープジュース。

濃縮果汁ではない、搾ったままのこちらのジュースは現在でもかわらず製造されています。

五一わいんの希少なワイン

貴腐ワインとは、自然発生の貴腐菌から生まれた希少なワインです。

五一わいんでの貴腐ワインの誕生は1993年、成熟が遅く通常の時期を過ぎてまで収穫を見合わせていたシャルドネに褐変が見つかります。通常リースリングやセミヨンに見られる貴腐化が、シャルドネに発生しました。

当時、国内で貴腐ぶどうは大変珍しく情報が少ないため、収穫時期や発酵の方法などほとんど手探りの中、貴腐ワインづくりは始まりました。

9月初旬に発見された貴腐ブドウですが、11月まで待って収穫されます。
貴腐化したぶどうの実を一粒一粒手作業で選別し、貴腐ぶどうのみを集め、専用のプレス機で絞り出すと、糖度60度という非常に高い糖度の果汁が絞り出されます。

発酵は非常にゆっくりで、2年の年月がかかりました。冬には地下室にヒーターを入れて、15℃前後を保ち、世界でもまれにみる希少なシャルドネ種の貴腐ワインが誕生しました。

貴腐菌が自然発生のため、立地や気候などがその年のぶどうの出来を左右するほか、貴腐ぶどうの収量は大変少なく、生産に手間と技術を要し、毎年希少な貴腐ワインを作り続けています。

現在ではセミヨンにも貴腐ブドウができ、
シャルドネとブレンドして五一わいん「貴腐」として販売しています。

引用:五一わいん

蜂蜜の様に糖度の高いデザートワイン。スイーツの様にたのしめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする