iPhoneX、XS、XRにバンカーリングをつける最適な位置 Qiチーで充電も可能!

iPhoneなどスマホの便利グッズとして人気の高い、「スマホリング」「バンカーリング」。

愛用している方も多いと思いますが、iphoneX系の場合には今までのiPhoneとは違うのをご存知でしたか?

詳しく解説していきますので、失敗しない様にご参考にどうぞ!

スポンサードリンク

iPhoneXにバンカーリングを付けるのに最適な場所は?

iPhoneXにバンカーリング(スマホリング)をつけるときには、一番下に付けるのがおすすめです!

この辺り。

『ちょっと下すぎる』って思いました?

私も初めは「下すぎる」かなーって思いながら取り付けました。

でも、色々と検証した結果、「この辺りが一番」という結論にたどり着いたんです。

その理由を順番にご説明していきますね。

理由1 ホームボタンがないから

ご存知の通り、iPhoneXにはホームボタンがありません。

そのため、ログイン時や、アプリの切り替えなどに画面下からのスワイプが必要なんです。

でも、これって片手で操作する場合には、親指を目一杯下げるのでiPhoneXがすごく不安定になりますよね。

それでバンカーリングを付けるんですが、手の小さい方だと上の方にバンカーリングを付けると、画面下まで指が届かない恐れがあります。

下の方につければ、そういった心配がないから安心です。

コントロールセンターは上からのスワイプで、こんな感じになります。

下に付けることで、どちらも対応できる様になりますのでこの位置がオススメです。

理由2 無線充電『Qi(チー)』も使いたいから

iPhone8、iPhoneXは無線充電の「Qi(チー)」に対応しています。

置くだけで充電できちゃうアレです。

せっかくですからこの便利機能も使いたいですよね。

でも、基本的には金属がiPhoneと無線充電器の間に入ると充電できませんので、バンカーリングを付けることで無線充電を諦めていた方も多いと思うんですが、この下の方の位置なら無線充電が使えるんです!

iPhone8PlusとiPhoneXは確認済みです。

バンカーリングを下につけることで、ほとんどの無線充電器を避ける事ができますので、充電に支障はありませんでした。

(直径が大きな無線充電器はこの限りではありません。サイズをご確認ください。)

なるべく小さな充電器の方がバンカーリングに干渉しないので良いですよ。

検証に使用した充電器はこちら。海外製の商品はトラブルなども多い様なので、こういった国内メーカーの商品がおすすめですよ。

iPhoneX、XS、XRにバンカーリングをつけると外れる!

実はiPhoneX系は裏がガラスでできていることもあり、両面テープが剥がれやすいので注意が必要です!

私自身も初めは写真のバンカーリングを使っていましたが、時々ぽろっと外れる事があり今は裏面に広く貼り付けるタイプに変えました。

(貼り付ける面積が広くなるためこのタイプだと剥がれたことはありません)

こちらの商品は無線充電昨日のある真ん中あたりに金属がないため、充電に問題はありません。

その商品はこちら

まとめ

私は無線充電を使いたかったので、「バンカーリング」は諦めていたんですが、あまりにも片手操作が安定しなかったので、逆に「無線充電」を諦めてバンカーリングはつけようと思ったんです。

ところがつける位置を色々と検証して観たら、意外なことに下の方が操作がしやすい。

しかも「この位置なら充電器に乗るのでは?」と気が付いたんですよ。

個人的には、この位置の方がiPhoneXのかっこよさも損なわない様な気がしますしね。

ただし、文中でもお伝えした通り小さなバンカーリングは粘着が弱いと剥がれてしまいます。

落下の原因にもなりますので、気をつけてくださいね!!

出来れば私も使っている様な接着面積の大きいタイプをお勧めします。

金属部が中心あたりにないタイプであれば、数ミリの厚みは問題なく充電できますよ。

この記事があなたの参考になりましたら、シェアお願いいたします。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする