NHK紅白歌合戦の勝ち負けの決め方は?ルールはあるの?

NHK紅白歌合戦の勝ち負けはどうやって決まっているんでしょうか?

2016年の紅白歌合戦の歌合戦は紅組が勝利しましたね。

私は視聴者投票と客席の投票が「圧倒的に白組」だったので、白が勝ったと思っていました。

そう思ってテレビをみていたので、「紅組優勝!」となった時には驚きました。

きっと、そう思った方もおおかったですよね?

スポンサードリンク

NHK紅白歌合戦の勝敗の決め方は、「視聴者投票」と「客席の投票」と「ゲスト審査員の投票」でしたよね?

私は視聴者投票と会場客席の投票が「圧倒的に白組」だったので、白が勝ったと思っていたので、「紅組優勝!」となった時には驚きました。

視聴者投票の結果は

紅組 2,527,724

白組 4,203,679

会場客席投票の結果は

紅組 870

白組 1,274

この結果ですからね。

しかし、まさかの「紅組優勝!」

今年は時間が押していたのか、あまり説明もないまま、あわただしくボールを数えて終わってしまいました。

「あれ?白組が勝ったんじゃないの???」家族全員ポカーンとしていたら、紅組の有村架純さんも「え?」って戸惑っていて、何か不思議な感じでしたよね?

草刈正雄さんやキャスターの方が「紅組優勝です!」って、強調してましたよね。

NHK紅白歌合戦の勝敗の決め方にルールはある?

NHK紅白歌合戦の勝敗の決め方は時々変わるようですが、色々と調べてみたところ、ルールはありました。

  • ゲスト審査員にボールが1個づつ
  • テレビの視聴者投票の勝者にボールが2個
  • 会場の視聴者にボールが2個

このボールを合計して、獲得したボールの多いほうが勝者が優勝になるとの事です。

つまり、視聴者の投票よりもゲスト審査員の票が圧倒的という事です。

うーん。

モヤモヤしますよね?

紅白歌合戦もクイズ番組みたいにゲストの投票なども見せたりして、審査にも透明感を出した方が良いですよね。

そもそも、勝ち負けを決めなくても良い気もしますけどね。

今年の年末から改善していただきたいものです(笑)

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする