漱石山房記念館のブックカフェ【CAFE SOSEKI】メニューとアクセス

漱石山房記念館にはカフェが併設されていますがご存知でしたか?

シックな雰囲気の中で、本を読んだりまったりできるということで密かに人気なんですよ。

漱石山房記念館をご利用にならない方も飲食できますので、お近くに行かれた際にはちょっと寄ってみてくださいね。

メニューやアクセス方法などをまとめてみました。

スポンサードリンク

カフェ漱石【CAFE SOSEKI】のアクセスと営業時間

〒162-0043 新宿区早稲田南町7

新宿区立漱石山房記念館 1F

電話 : 03-3205-0209 FAX : 03-3205-0211

東京メトロ東西線早稲田駅:徒歩 約10分
東京メトロ東西線神楽坂駅:徒歩 約15分
東京メトロ有楽町線江戸川橋駅:徒歩 約20分
都営大江戸線牛込柳町:徒歩 約15分
都営バス(白61) 牛込保健センター前下車:徒歩 約2分

駐車場はありませんので、公共交通機関か近隣の駐車場をご利用ください。

営業時間は10時から17時半までです。

休館日は漱石山房記念館と同じで以下の通り。

①月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は、直後の休日でない日)
②年末年始(平成29年度は12月29日~1月3日)
③その他設備維持のため等の臨時休館日

スポンサードリンク

カフェ漱石【CAFE SOSEKI】のメニュー

気になるメニューですが、結構充実してるんですよ。

漱石の作品にも度々登場する名店、明治17年創業の老舗和菓子店「空也もなか」も食べることができます。

この空也は誰もが知っている漱石の代表作、「吾輩は猫である」に登場します。

主人はまたやられたと思いながら何も云わずに空也餅《くうやもち》を頬張《ほおば》って口をもごもご云わしている。

引用元:『吾輩は猫である』(新潮文庫)

この「空也もち」は、老舗「空也」の名物で、例年11月と1月半ばから2月半ばまでの2回しか販売されない期間限定の商品で、幻の和菓子とも言われているそうですが、なんとこの「空也もち」もこちらのCAFE SOSEKIで食べられるんですよ!(限定ですが)



この「空也もなか」は予約なしでは入手困難とも言われている人気商品ですから、ぜひ一度ご賞味くださいね。

単品メニュー

ブレンドコーヒー  HOT 400円 ICE 450円
カフェラテ     HOT 450円 ICE 450円
カフェアメリカーノ HOT 400円 ICE 450円
ほうじ茶      HOT 350円 ICE 350円
紅茶        HOT 400円 ICE 400円
レモンサイダー   500円
サイダー      300円
オレンジジュース  300円
バターケーキ    400円
柿アイスクリーム  380円

セットメニュー
空也もなかセット  HOT 600円 ICE 600円
(空也もなか+コーヒーまたは紅茶またはほうじ茶)
モナカ抹茶セット  850円
ようかん抹茶セット 850円


甘党だったという夏目漱石先生にちなんで、魅力的なメニューがいっぱいです。

ぜひ、文学と甘味に浸ってみてくださいね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする