成人式にあげるお祝い金の相場は続柄で変わる?祝儀袋の種類は?

成人式

新年を迎え、お正月が終わるといよいよ成人式です。

 

成人式は、以前は1月15日でしたが、最近はハッピーマンデー制度によって1月の第2月曜日が成人の日となっています。

 

親から見ても子供にとっても、成人式を迎えることで大人の仲間入りとなり、人生の中でひと区切りつくタイミングになります。

 

周りの大人から見ると、子供が大人になったお祝いにお祝い金を渡すというのも一般的な行事となっています。

 

しかし、このお祝い金の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

お年玉などと違って、渡す機会も少ないのでよくわかりませんよね。

 

せっかくお祝いを渡すのに、喜んでもらえないと悲しくなりますから、しっかりと確認しておきましょう。

 

今回は成人式のお祝い金の相場と、祝儀袋などマナーについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

成人式のお祝い金の相場はいくら

 

早速ですが、お祝い金の相場はどうでしょうか?

 

成人式のお祝い金は、おおよそ1万円~3万円が相場になります。

 

高額なパターンはおじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに渡す場合のようで、1万~5万円、10万円渡すという方もみえるようです。

 

金額は気持ちですし、相場というのもありますが、目安としては「3万円」にしておけば大きく外すことのない金額と言えます。

 

スポンサーリンク

お祝い金を入れるご祝儀袋について

 

 

成人式のお祝いは「紅白蝶結び」のご祝儀袋を使い、表書きは「祝成人」「祝御成人」「御成人御祝」 などです。

 

裏面は、左下に住所とあなたの名前を書き、中袋には金額を漢数字で書きましょう。

 

ところで、祝儀袋のお金の入れ方って知ってますか?

 

私はお金を入れる時に毎回外していたんですが、戻すのに結構苦労していました。

 

youtubeでこの動画を発見して、とても簡単にお金を入れらるようになりましたのでぜ、ひあなたも参考にしてください。

 

 
また、現金+プレゼントとして時計や鞄やネクタイなど、大人になって活躍する物をプレゼントとして渡すのも喜ばれまよ。

 

 

成人式のお祝い金の相場はいくら?まとめ

 

成人式は一生に一度の晴れの日です。

 

成人式を迎えることで大人になり人生の重要な節目となりますので、思い出に残る様にしっかりと気持ちを込めてお祝いをしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました