フードコートでの勉強は禁止されてる?迷惑をかけにないようにする方法は?

今や、大きなショッピングセンターやデパートの「定番」になっているフードコート。

買物で歩きまわって、少し疲れたときにドリンクを飲んだり、小腹がすいてちょこっと軽食を食べたりするのに便利ですよね。

また、家族みんなで買物に出かけた場合、「ラーメンが食べたい」「ハンバーガーがいい」「たこ焼きじゃないとイヤだ」と、意見が合わないことがあります。

フードコートを利用すれば、敷地内に多くの店舗がならび、そこで注文したものを一つのテーブルに持ちよって食べることができます。

今回は手軽さと自由な雰囲気が人気のフードコートにおける、迷惑行為やルールについて考えます。

スポンサードリンク

フードコートで勉強するのはあり?騒がしいのは迷惑?

客席のまわりの好きな店舗から、好きなメニューを選べるフードコート。

トレイに乗せた食べ物や飲み物をセルフで運んでくるスタイルは、ファストフードと同じでアメリカから渡ってきました。

レストランや喫茶店とちがって、店員さんがそばに来ることもないし、好きな物も食べられるし、解放感がある点が魅力です。

ただ、「フードコート」は食べ物を食べたり、ジュースを飲んだりするために提供されている場だということは忘れないようにしましょう。

家族が買物から戻るのを待つ間だけ、コーヒーを飲みながら本を読む程度のことなら許される範囲内でしょう。

しかし、本格的に教科書やノートを広げ、まるで教室にいるかのように勉強をするという行為は度を越えているといえます。

まわりのお客さまも気を使って、食事や会話が楽しめませんよね。

テーブルのまわりにある店舗で購入した物を、お客さまに食べてもらう場として、ショッピングセンターや百貨店が設けた場所なのです。

勉強をしたいのであれば、自宅や友人の家、図書館などを利用しましょう。

なお、フードコートは吹き抜けの広々とした造りであることが多く、比較的ざわざわとした環境ですので、子供がにぎやかにしていてもあまり気になる雰囲気ではありません。

明らかに「騒ぐ」という行為は迷惑になりますが、ファミレス同様に、家族や友達としゃべりながら食事を取ることはできます。

スポンサードリンク

フードコートで勉強するときに迷惑をかけない方法とは?

フードコートでの勉強は基本的にNGです。

しかし、ちょっと軽食を取りながら本を読んだり、コーヒー飲みながら書類に目を通したりなどは、「セーフ」になる様な気はしませんか?

つまり、「程度の問題」ですよね。

  • お客様が増えてきたら、退席する。
  • 広い机を占領しない。
  • 何かしら注文する。

こういった「他の方に迷惑をかけない様にする」という、一般的な配慮があればある程度は問題ないかもしれませんね。

フードコートの利用にルールはある?

ファストフード店やフードコート、レストランやラーメン屋など、さまざまな飲食店には大々的に「当店のルール」を貼り出されてはいませんね。

常識的なルールやマナーは、利用するお客さまのモラルと判断にゆだねられています。

お客さまを信頼しているという姿勢の表れでもあります。

もしも入口や窓やテーブルに、あれこれと注意書の文言が書かれていると、居心地も悪いし、お店の印象も下がってしまいます。

ただし、何も書いていないからといって好きなように振る舞って良いということではありません。

日本には、「迷惑禁止条例」というものがあります。

お聞きになったことがある方も多いのではないでしょうか。

条例では、公衆の場で著しくまわりに迷惑をかける行為が禁止されています。

その「公衆の場」とは、駅前や広場、公園、ビーチなどに並んで、「飲食店」も含まれているのです。

迷惑な行為とは、たとえば、並んでいる人を押しのける、威嚇(いかく)する、物を破損させる、大声で騒ぐ、服を脱いで裸になるなどがあります。

もちろん、店舗の営業妨害になる行為や、お店の人達を困らせるような行為もしてはいけません。

私たちが利用する飲食店にはルールは貼り出されていませんが、警察は細かく条例違反を定めていて、場合によってはお店から通報されることもあるという認識を持ちましょう。

まとめ

フードコートの客席には、店舗のスタッフさんはほとんど来ることはありません。

レストランなどに比べて自由な雰囲気があるのは魅力的ですが、常識的なルールやマナーは一人一人がしっかりと守りたいものです。

店内で騒いだり、勉強したりという行為だけでなく、他のお客さま席が確保できない状態なのに、飲食を終えても延々と座り続けるといったことのないようにしましょう。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする