ミケランジェロと理想の身体展の 混雑状況と巡回 2018東京国立西洋美術館

東京で2018年のミケランジェロ展の「ミケランジェロと理想の身体」展が6月19日から開催されています。

今までなかなか日本では見ることの出来なかった、ミケランジェロの大理石彫刻2点が初来日しますので、楽しみにしている方も多いですよね?

「若き洗礼者ヨハネ」

「ダヴィデ=アポロ」

この先二度とない展覧会かもしれませんので、僕もぜひ観に行きたいと思っていますが、ミケランジェロはみなさんご存知の通り、小学生でも知っている有名人ですからこの展覧会は混雑必死ですよね!

開催期間も夏休みにかぶってきますので、混雑を避けて観覧する方法や、大阪や名古屋、福岡への巡回情報も合わせてまとめてみます。

スポンサードリンク

ミケランジェロと理想の身体展2018東京の混雑状況

今回の展覧会は今までにないすごい企画なので、土祝日はかなりの混雑が予想されます。

また、平日でも金曜日は混みやすいと思われますので、平日の日中にゆっくりと楽しみたい方は、水、木がおすすめ。

金曜日なら観覧時間が延長されているので、夕方以降が良いでしょう。

通常の観覧時間が17時半までのため、その後が比較的にゆっくりと観られるのではないでしょうか。

時間帯は曜日にかかわらず、午前中では11時~12時頃、午後からは昼過ぎから5時くらいが混雑のピークとなるでしょう。

ミケランジェロと理想の身体展2018東京に出かけるなら?オススメの曜日や時間

まず、今回の開催期間は「夏休み」にかぶりますので、土日、平日にかかわらず混雑する可能性が高まりますので、可能であれば夏休み期間は避けましょう。

オススメの曜日は当然ですが、平日に行ける方は、断然平日がオススメです!

特に平日の火、水、木曜日は混雑がかなり緩和する曜日ですので、朝一番に入場すると、ゆっくりと観覧できるでしょう。

また、金曜日は21時までの開催ですので、夕方5時以降が断然オススメです!

土日祝しか足を運べない方は、朝一番から入館するか、短い時間でいい人は16時以降の入室が混雑を避けるポイントです。

土曜日は時間延長で21時まで観覧可能です。

いずれにしても、前売りでチケットを買っておくとスムーズに入場できるので、事前にチケットを購入してから出かけましょう。

スポンサードリンク

ミケランジェロと理想の身体展2018の巡回情報

残念ながら今回の「ミケランジェロと理想の身体」展には巡回の情報はありません。

ミケランジェロの大理石彫刻を見ることのできる機会はなかなかありませんので、ぜひ旅行を兼ねて東京で見てください!

ミケランジェロと理想の身体展2018東京の概要

会場
国立西洋美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
会期
2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)
開館時間
午前9時30分~午後5時30分
金曜日、土曜日は午後9時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日、7月17日(火)
※ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館
主催
国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
後援 外務省、イタリア大使館

ミケランジェロと理想の身体展2018東京の観覧料金

国立西洋美術館には駐車場がありませんので、公共交通機関でのご利用がオススメです。

観覧料
当日 前売/団体
一般 1,600円 1,400円
大学生 1,200円 1,000円
高校生  800円  600円
※団体は20名以上
※前売り券は2018年3月21日(水・祝)から6月18日(月)まで、展覧会公式サイト、主要プレイガイドにて販売。 国立西洋美術館では、開館日のみ、2018年6月17日(日)まで販売。手数料がかかる場合があります。
※中学生以下は無料
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。

ミケランジェロと理想の身体展2018東京のまとめ

今回の展示会は彫刻がメインで、貴重な展示会のためそれなりの混雑が予想されます。

特に夏休み期間ともかぶりますので、混雑がお嫌いな方は「夏休み期間」と「テレビなどで紹介された週」を避けるようにしましょう。

「テレビで紹介された」ということは公式のツイッターをチェックするとわかることが多いので、お出かけの前に一度ツイッターのチェックをしておくと良いですよ。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする