クレジットカードの引き落としを忘れてた!残高不足の対処法

今の世の中、クレジットカードで色々な支払いをしている方も多いですよね?

でも、つい支払いの予定を忘れていて気がついたら銀行口座の残高が足りなくなっていた!なんて人も多いようです。

そんな「残高不足で引き落としが出来ていなかった時」にどうしたら良いのかまとめてみました。

スポンサードリンク

残高不足で引き落としできていなかった時

大急ぎでカード会社に電話しましょう!

通常はカード裏面に電話番号が記載されていますので確認してください。

カード会社から連絡が来ていない段階であれば、基本的には大きな問題にはなりません。

ほとんどの場合には、

・「〇〇日にもう一度引き落としを行うので、入金しておいてください。」

・「支払い用紙を送付するので、振込してください。」

と言う対応になります。

でも、「支払いができていない」と言うことは、借金の返済が滞っているのと同じような状態ですから、こちらからカード会社に電話して相談しておきましょう。

気がついたのが引き落とし日の当日であれば、急いで口座に入金するのもおすすめです、場合によっては2回目の引き落としをしてくれる事もあります。

残高不足が続くとどうなる?

では、連続で引き落としができなかったり、支払いを長期間怠っているとどうなるんでしょうか?

何ヶ月も続けて残高不足がおきたりすると、金融機関によっては契約者であるあなたの支払い能力が不足していると判断し、利用限度額を引き下げたり、カードの使用を制限したりという措置が取られる場合があります。

もちろん、支払いを長期間滞納した場合などにも、追加損害金を請求されたり、外部の信用情報機関へ延滞の情報が登録されるなど、もっと厳しい対応を取られますので、出来るだけ早く支払いをしましょう。

引き落とし日を忘れないようにする方法

きちんと利用明細を見る!

クレジットカードの引き落とし日や利用金額は事前にカード会社から連絡が来るケースがほとんどです。

契約内容によって、郵便で明細が届いたり、メールで連絡が来たりします。

明細が届いていないと言う方はこれを一度確認してください、何らかの事情で「郵便が届いていない場合」もありますので、カード会社に支払い連絡がどうなっているか確認しておくと安心です。

また、郵便物を見る癖のない方も多いかもしれません。

そんな方は、メールアドレスを登録したり、会員サイトで支払いを確認できるように会員サイトにログインできるようにしておくと良いかもしれませんね。

そして、スケジュール帳に日にちと金額を記入しておいたり、スマホに登録しておいて忘れないようにすればなお良いですね。

すぐに入金できる環境を整えておく!

万が一のために、スマホなどで入金や振込ができる「インターネットバンキング」を利用するのもおすすめです。

仕事で忙しい時や出先からでも、いつでも簡単に入金などの処理が可能ですし、イオンカードのような、クレジットカードと銀行のキャッシュカードが一緒になったカードを持っておくとインターネットバンキングも簡単に利用できて便利です。
イオンカードセレクトは、申し込み時に面倒な「書類の郵送」や「印鑑の捺印」などは不要で簡単、今ならキャンペーンでポイントが付くようですよ。

クレジットカードの残高不足時の対応まとめ

クレジットカードの引き落としができなかった場合には、カード会社に連絡を取り指示に従いましょう。

基本的には、再度「引き落とし処理」をしてくれるか「振込用紙を送付」という対応になります。

迅速に対応すれば、ペナルティが課される事も少ないようです。

きちんと誠意を持った対応をして、次回からは残高を間違えないようにきちんと入金しておきましょう。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする