ティムホーワン 日比谷はひとりでも大満足!おすすめテイクアウトメニューと駐車場をご紹介

日比谷にオープンしたティムホーワンはお一人様でも楽しめますよ。テイクアウトでお土産にベイクドチャーシューパオを買って帰りましょう。

2018年4月にオープンした「ティム・ホー・ワン 日比谷店」はオープンからかなり時間が経ちましたが、毎日混雑必至で繁盛時には1時間以上の待ち時間になっています。

スポンサードリンク

ティムホーワン 日比谷は一人でも大丈夫?

ティムホーワンの日比谷店はリラックスした雰囲気ですが、活気があり「お一人様」でも問題なく入れる雰囲気のお店です。

でも、注文のし過ぎに要注意!

点心だからあれもこれもと食べたくなってしまいますが、一皿につき3つか4つ入っていますからね。

入店前の並んでいる時にオーダーシートを渡され記入しますから、ついついあれもこれもと注文し過ぎてしまいますが、席についてから追加注文も出来るので慌てずに2品くらいのオーダーにしておきましょう。

たくさんのメニューを頼みたい時にはご飯ものは頼まずに、席について食べ始めてから様子をみて注文しましょう。

ちなみに「もうだめだ!食べきれない。」って時には店員さんにお願いすると、お持ち帰り用のドギーバックをいただけますのでお家で美味しくいただきましょう。

結構みなさん一人様で飲茶に出掛けてるみたいですね!

ティムホーワン 日比谷のおすすめテイクアウトメニュー

「おすすめのテイクアウトメニュー」と題しましたが、実は「ティムホーワン 日比谷店」にはテイクアウトメニューは一つしかありません。

看板メニューにもなっている「ベイクドチャーシューパオ」。

1セット3個入り 600円 1日限定300セットの販売です。

TOHOシネマズ側のテイクアウト専用の窓口で購入するので、比較的待たずに買うことができます。

この「ベイクドチャーシューパオ」は肉まんの一種ですが、側生地が変わっていて例えるなら「メロンパンの生地」。

独特の甘みがある生地で甘辛の餡とチャシューを包んでありますので、いわゆるコンビニの「肉まん」とは全く違う味わいです。

スポンサードリンク

ティムホーワン 日比谷店へのアクセス、駐車場

ティムホーワン 日比谷店へのアクセスと駐車場もご紹介しておきますね。

住所

東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F

電車でのアクセス

JR山手線「有楽町駅」日比谷口
東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A4 / A5出口
東京メトロ千代田線「日比谷駅」A13出口
東京メトロ銀座線・丸ノ内線「銀座駅」C1出口
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」
都営地下鉄三田線「日比谷駅」

おすすめの駐車場はこちら。

● 東京ミッドタウン日比谷 駐車場

千代田区100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2

日比谷シャンテ館内で3,000円(税込)以上のご利用で、当日に東京ミッドタウン日比谷駐車場をご利用の場合、1時間無料サービスをご利用いただけます。

● 日比谷駐車場

千代田区日比谷公園1番2号 日比谷公園地下1階・2階

日比谷シャンテ館内で1,000円(税込)以上のご利用で、当日に日比谷駐車場をご利用の場合、1時間無料サービスをご利用いただけます。

ティムホーワン 日比谷店の空いている時間

オープンからだいぶ時間が経ちますが、「美味しくて安い人気のお店」ですから、基本的に混雑しています。

リピーターも多いこともあり、恐らくこれからもあまり変わらないと思います。

そんななかではありますが、空いている時間帯がわかってきましたのでまとめておきます。

・朝一オープン前(並ぶ前提)

・15時から17時

・21時以降

中でも、平日のディナータイム以降の夜だと、お店の前に行列のない日もあるようです。

21時頃に日比谷や有楽町にいたら、ちょっと足を延ばして「ティムホーワン 日比谷店」の前を通ってみても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする