ブリューゲル展 東京都美術館の混雑状況とお得なチケット情報はこちら

2018年1月から東京都美術館で、ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜が開催されます。

16世紀を代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世から始まる数多くの画家を輩出したブリューゲル一族。

一族出身の画家たちが生み出した作品の展覧会が東京都美術館に登場です。

ブリューゲル一族が生み出した貴重な作品が100点以上展示され、しかもそのほとんどが日本初公開というので驚きです!

さぁ、あなたもブリューゲル一族の繊細な感性に触れてみましょう。

スポンサードリンク

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜の基本情報

会場名

東京都美術館

住所

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

連絡先

03-3823-6921

会期

開催日時 2018年1月23日(火)~2018年4月1日(日)

開館時間 9時30分~17時30分(金曜日は9時30分~20時まで)

※入館は閉室の30分前までとなります。

休館日

月曜、2月13日(火)

※2月12日(月)は開催

観覧料金

【当日券】

一般 1,600円 / 大学生・専門学生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上1,000円

追記 中学生以下は無料となります。

障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名様までは無料となります。

ブリューゲル展の公式動画はこちらからどうぞ。

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜の混雑状況

今回の展覧会は今までにない面白い企画なので、土祝日はかなりの混雑が予想されます。

また、平日でも金曜日は混みやすいと思われますので、平日の日中にゆっくりと楽しみたい方は、水、木がおすすめ。

金曜日なら夕方以降が良いでしょう。

時間帯は午前中では11時~12時頃、午後からは昼過ぎからが混雑のピークとなるでしょう。

金曜は20時までの開館となるため、17 時頃から空いてくると思いますよ。

スポンサードリンク

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜に出かけるなら?オススメの曜日や時間

曜日では、平日に行ける方は、断然平日がオススメです!

特に平日の火、水、木曜日は混雑がかなり緩和する曜日ですので、朝一番に入場すると、ゆっくりと観覧できるでしょう。

また、金曜日は20時までの開催ですので、夕方5時以降が断然オススメです!

土日祝しか足を運べない方は、朝一番から入館するか、短い時間でいい人は16時以降の入室が混雑を避けるポイントです。

いずれにしても、前売りにてチケットを買っておくとスムーズに入場できるので、事前にチケットを購入しておくのがオススメです!

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜のお得なチケット情報

【前売り・団体】

一般 1,400円 / 大学生・専門学生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800円

※団体割引は20名様以上に適応されます。

※前売り券の販売は2018年1月22日(月)までの販売となります。

【ペアチケット】

一般 2,400円(2018年1月22日(月)までの販売となります)

※2人同時でも1人で2回のご入室でもOK!
お友達やカップル、または1人で2回楽しみたいのなら、断然ペアチケットがお得です!

当日券が少し高めですので、行くことが決まっている方は前売り券を購入しておく方がよいでしょう。

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜まとめ

今回のブリューゲル展では、展覧会オリジナルのクッキー缶やブリューゲルの作品を再現したハンカチなどのグッズが販売される予定です。

最近はグッズも豊富でアイデアを凝らしたものが多いので楽しみですね。

また、いつ行くにしても当日チケットを購入しなくても良いように事前にチケットを準備して行きましょうね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする