利き目の調べ方を解説 ダーツなどスポーツをする方は知らないと損ですよ!

皆さんは普段、「右目と左目、どちらを中心に生活していますか?」

もしもこのような質問を受けたとき、とっさに答えられる人は珍しいかもしれません。

けれど、「私は右目だよ」「自分は左目を使ってる」とすぐに答えられる人もいます。

それは、たとえばこんな人たちです。

・スポーツをやっていて、本格的な指導を受けたことがある人

・近視・遠視などでメガネやコンタクトレンズを作る際、眼科や眼鏡屋から教わった人

・元々「右利き・左利き」というテーマについて学んで、知識がある人

今回のテーマは「利き目」です。

利き目のことを知ると、様々な発見があります。

特にスポーツをしている人は必見ですよ。

スポンサードリンク

利き目とは

人にはみんな、「利き目」というものがあります。

右目が利き目の人は、右目を中心に物を見て、脳に情報を送っています。

左目が利き目の人は、左目を中心に物を見て、脳に情報を送っています。

「いやいや、両方の目で物を見ているはずだ」と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに私たちは、片方の目だけで物を見ているわけではありませんね。

片方の目は「主」として、もう片方の目は「補佐」として物を見ているのです。

効き目の簡単な調べ方

ここでは、今すぐできる「利き目の簡単な調べ方」をご紹介します。

数メートル離れた場所にある物を、何か1つ選んでください。

服をかけているハンガーでもいいし、壁時計でも構いません。

その対象物を、指差してください。

指差しをしている自分の指はそのままで、「右目だけ」で見た場合、「左目だけ」で見た場合では指の位置がズレていることが確認できるはずです。

反対側の目を手で覆うと、よりやりやすいかと思います。

また、1回では判断しにくいかと思いますので、ゆっくり・何度か繰り返しやってみましょう。

「右目」で見た人差し指、「左目」で見た人差し指の「位置がズレる」のが確認できましたか?

そうすれば、今度は、「両目で見た人差し指」と「右目だけで見た人差し指」との位置にズレがあるかどうかを確認してみましょう。

これも何度か繰り返してみます。

次に、「両目で見た人差し指」と「左目だけで見た人差し指」との位置のズレについても、同じ要領で確認してみます。

「両目で見た人差し指」との位置にズレ(誤差)が少なかった方の目が、あなたの利き目です。

逆に、「両目で見た人差し指」との位置のズレ(誤差)が大きかった方の目は、利き目ではないということになります。

スポンサードリンク

ダーツなどで標的を狙う時には利き目が大切

ダーツやアーチェリーなど、標的を狙うときは、「目に頼り」ますね。

もしも、利き目じゃない方の目に頼ってしまうとどうなるでしょう?

先ほど確認したように、利き目じゃない方の目には、物の位置に誤差が生じて映った状態で見えています。

つまり、はじめから標的がズレて見えてしまっていますので、いくら正確に的を狙っても、思ったように成果が上がらないという結果を招いてしまうわけです。

では、利き目を使うとどうでしょうか。

利き目は、両目で見たときとほぼ同じように見ることができます。

したがって、利き目に頼って標的を狙えば、練習で技術を磨くたびに成果が上がる可能性も高くなっていくのです。

こんなスポーツで「効き目」は役に立つ

どんなスポーツをするのにも、また日常生活においても、私たちは目を使っています。

ダーツやアーチェリー以外には、野球においてこんな話がよくあります。

小さい頃、左利きだった子供が、大きくなる過程で右利きに強制したという話はよくありますね。

その子が野球を始めてみたものの、なかなかヒットが打てない…。

ある日、コーチ(または監督)が「お前、もしかして左利きなんじゃないか?」と気づいてくれました。

その子は、そういえば「小さい頃は左利きだったと、親から聞いたことがある」と答えます。

コーチや監督の計らいで、その日から左側のバッターボックスに立たせ、練習させてみたら、ヒットが打てるようになったという話です。

野球では、よくある話ですので、野球経験者であれば「あ、わかる」と思われたかも知れません。

まとめ~スポーツ以外で利き目を知ると便利なこと~

今回は主に、スポーツを中心に利き目の話をご紹介しました。

利き目を知っておくと、裁縫のときにも役に立ちます。

針の穴に糸を通すとき、利き目に頼った方がより正確に、早く通すことができます。

左利きの人は、多くの場合、利き目も左のことが多いようです。

裁縫は特に細かい作業ですので、左利きの人は苦労しますね。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする