自転車を手放したら防犯登録を抹消するべき!抹消方法や譲渡の場合は名義変更できる?

先日、ヤフオクで折りたたみ自転車を購入したんですが、防犯登録のシールが貼られたままでした・・・

嫌な予感しかしませんでしたが、自転車泥棒の嫌疑をかけられてはたまったものでは無いので、防犯登録をしてきたんですがその時に調べた色々をまとめましたのでご参考にどうぞ!

スポンサードリンク

防犯登録の抹消方法と防犯登録抹消証明書とは

防犯登録や防犯登録の抹消方法は各都道府県によって異なりますが、基本的に手続き方法は以下のようになります。

手続上で必要になる物
・防犯登録カード原本(お客様控え)又は譲渡証明書
・新しく登録する方の身分証明書(運転免許証や健康保険証など)
・自登録された転車本体

防犯登録カード原本は、防犯登録をした時に受け取ったものですが、自転車を購入したときの領収書や保証書で車体番号が記入されているものであれば代用できます。

ただし、こういった書類が無い場合は、各都道府県の自転車防犯登録会や警察署で相談してみてください。

他人に自転車を譲ったり、オークションなどで販売する場合には防犯登録の控えか譲渡証明書を渡す必要がありますが、都道府県を跨ぐ場合には、防犯登録抹消照明書と譲渡証明書を両方渡すのが確実です。

これを忘れると次の所有者が新しく防犯登録をすることができない可能性があります。

すると、その方が困るだけで無く、その自転車の所有者があなたのままになりますので、事故などの発生時にあなたに嫌疑がかかる場合もあります。

十分注意して譲渡する様にしましょう。

自転車譲渡証明書とは

自転車を知人などに譲る場合には「防犯登録書の控え」を渡すのが一番簡単ですが、防犯登録をしてあるのに、控えが見つからない場合には、この「譲渡証明書」を利用すれば次の所有者の方が自分で防犯登録することができます。

東京都の場合はこちらの書式をご利用ください。

他の都道府県の場合には各自転車防犯協力会のHPをご確認ください。

スポンサードリンク

自転車の防犯登録の名義変更は出来ない。

自転車の防犯登録には「名義変更」という概念がありません。

名義を変えるには「抹消」〜「新規登録」となります。

前所有者が防犯登録の抹消の手続きをせずに、新所有者が自転車防犯登録をするためには、「抹消」をするために「防犯登録書の控え」か「譲渡証明書」が必要になりますので注意が必要です。

防犯登録の手続きはどこでする?

防犯登録は基本的には警察署では無く、「自転車防犯登録所」の看板が掲げられた自転車防犯登録所(自転車店・スーパー・ホームセンター等で自転車を取り扱っているお店)で登録をします。

簡単にいえば、自転車屋さんですね。

ただし、個人の自転車屋さんだと嫌がられるという話もありますので、大手の自転車販売店の方が良いかもしれませんね。

自転車の防犯登録は使用する都道府県で!

自転車の防犯登録のデータベースは日本全国で共通化されていません。

そのため職務質問等をされた際に他の都道府県の防犯登録だと確認に時間がかかります。

引越しや、単身赴任などで他の地域で使用する場合は、使用する都道府県で新たに防犯登録をすることをオススメします。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

自転車の防犯登録に有効期間はある?

自転車の防犯登録には有効期限があります。

都道府県によって異なりますが、7年から10年の都道府県が多い様です。

東京都は10年、愛知県は8年、大阪府は10年です。

お気に入りの自転車で長い間利用する場合には再度登録する必要がありますので、気をつけてください。

まとめ

自転車を譲る場合などにはきちんと手続きを踏んでおく必要があります。

相手の方の手続きの為だけで無く、あなた自身のためにも必須の事になります。

間違いない方法は以下の通り。

・自分の防犯登録を抹消し、防犯登録抹消証明書と譲渡証明書を相手方に渡す。

これで、相手側は盗難品でない事、自分が購入した事の両方を間違いなく証明できます。

面倒かもしれませんが、しっかりと対応しましょうね。

また、先ほどお話しした通り、自転車の防犯登録は各都道府県によって異なります、心配があれば各都道府県の自転車防犯協力会に確認すれば安心ですよ。

ちなみに冒頭の私が購入した自転車の経緯もまとめておきます。

・防犯登録のシールが貼ったままでした。

・販売証明書も譲渡証明書もなし。

・販売者に問い合わせたところ、「防犯登録は抹消してあり、販売証明書の同封を忘れた」ため送るとの事。

・販売証明書を持って、最寄りのイオンの自転車屋さんに持ち込んだところ、問題なく防犯登録できました。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする