エネオスのタイヤを交換は意外と安い?かかった金額,時間と感想

先日高速道路で給油した時に、ガソリンスタンドの店員さんに「タイヤがひび割れていてそろそろ危険ですよ」とタイヤ交換を勧められました。

ガソリンスタンドでそういう事を頼むと「金額が高い」という事前の思いはあったのですが、ちょうど前回の車検の時にも「交換が必要です」と言われていたので、思い切って替えてみました。

新品のタイヤを丁寧な対応で取り付けしていただいたので、概ね満足していますが、やはり「もしかして損したのか?」という気持ちが抜けなかったので、他の方の参考になればという事で、「金額は高かったのか?」という事を中心に、交換にかかった時間なども含めてまとめました。

スポンサードリンク

エネオスでのタイヤ交換にかかった金額

一般的にはガソリンスタンドでの「タイヤ交換」は割高なのではないかと言われていますよね?

本当のところはどうなんでしょうか?今回の金額を確認してみます。

私が今回購入したタイヤは「ブリジストン ネクストリー195/60R16」です。

こちらを「交換工賃」「古タイヤ処分費」を含めて消費税込みで1本17,000円、トータル4本で68,000でした。

今までは違う会社のタイヤを履いていましたが、正直値段は覚えていません・・・

ネット上の価格は?

こんな時に参考になるのはネット上での価格です。

私が購入したのが「1本あたり17,000円」(工賃処分費込み)

価格ドットコムの最安値で「7,800円」

ただしこちらの価格は単純に「タイヤの価格」ですから、この金額にタイヤのはめ替え、バランス、古タイヤの処分費などが加わります。

こちらは大手カーショップなどに確認したところ、1本あたり約3,000円程でした。

つまりネット最安値だと「10,800円」ということです。

スポンサードリンク

エネオスでのタイヤ交換は高い?

価格面では圧倒的に高いですよね。

1本6,200円ですから、4本で24,800円高いですからね。

ただし、とっても楽です。

至れり尽くせり。

作業していただく方も、販売の方も顔が見えるので何よりも安心です。

実際に、取り付けや引き渡しの時の確認など、しっかりとしていただきました。

逆にネットの場合には、タイヤを運送屋さんから受け取って、取り付けをしてくれるお店まで運ばなければなりません。

女性だと厳しいかもしれませんよね。

金額だけで見ると高いですが、サービスにお金を払うという考えであれば、この金額でも構わないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

エネオスでタイヤ交換した時の所要時間

タイヤ交換にかかった時間は車を預けてから、40分くらいでした。

初めの話では「20分から30分で」という事でしたが、実際には40分かかりました。

ちょっと急いでいたのですが、雑に取り付けされても困るので、特に催促したりせずにじっと待っての時間です。

カーショップなどで待ち時間がないタイミングだと同じくらいだと思われます。

まとめ

エネオスでタイヤ交換をすると高いのかという問題は、金額だけで見ると圧倒的に割高でした。

ただし、手軽に簡単に済むのでめんどく下がりの方にはとっても良いような気がします。

どこに重きを置くのかという問題かもしれませんね。

金額的にとにかく安くということであれば、ネットショップを利用するのが良さそうですし、手軽に簡単に済ませたいということであればエネオスなどのガソリンスタンドでタイヤ交換してしまうのも良いかもしれませんね。

ネットでの金額などを調べた時に、ネット価格で購入できるのに、タイヤを自宅で受け取らなくても済んで、なおかつ取り付けもスムーズに済んでしまうというかなり良いタイヤ販売のネットサービスを見つけてしまいました。

そのサービスはこちら、

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

タイヤの交換を検討している方は、こちらもなかなか良さそうなので一度確認してみてください。

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする