ドアの鍵(サムターン)が引っかかってうまく回らない時は?

最近玄関ドアの鍵が引っかかってスムーズに回らないことがよくあるので、大掃除のチャンスに直してみました。

同じ様に鍵がスムーズにかからない方の参考になるかもしれませんのでまとめておきます。

スポンサードリンク

玄関ドアの鍵がうまく動かない時の解決方法

玄関ドアの鍵を回そうとした時やサムターンを回そうとした時に、内部で引っかかっている様な感じで、うまく回らないという状態でした。

「何回かガチャガチャとすれば掛かる」そんな感じでなかなか不便でしたが簡単に改善されました。

お困りの方向けにいきなり答えですが、

今回は「鍵のクスリ」という鍵穴専用の粉末スプレーを使用することでかなり引っ掛かりが改善しました。

我が家では家の引き渡しの時に建築会社さんから頂いた、メンテナンス道具の中に入っていたんですが、ホームセンターなどで販売されているそうです。

ネットで検索したところ、発見しました。こちら

オイルの潤滑剤は絶対ダメ

潤滑スプレーというとオイルの入っているものをイメージしますが、オイルが鍵を壊してしまうことがある様なので、絶対に使用禁止とのことです。

下記のものが家に有っても、「鍵穴には絶対に使用禁止」ですよ!

もちろん鍵穴以外にはとっても便利で、私も自転車の整備には愛用しています。

サムターンの引っかかりを家にあるもので何とかするには?

でも、家に「鍵穴のクスリ」がたまたまあるなんてラッキーな方って少ないですよね。

家にあるもので何とか出来ないか調べたところ、いくつか良さそうな情報がありました。

ぜひ試してみてください。

鉛筆が効く

鍵を鉛筆で黒く塗る様に鉛筆の芯の粉を付けて、鍵穴に差し込み。抜き差し、回す。

鉛筆の粉が粉末スプレーと同じ様な効果を発揮するんでしょうか?

そんな気がしますね。

鍵を掃除する

鍵穴と鍵の両方を掃除しましょう。

鍵穴・・・掃除機で吸う。

鍵・・・歯ブラシなどでゴミを払う。

「掃除機で吸う」って冗談かと思いますが、一流ドアメーカーのHPにも載っていた方法なので、間違いありません。

掃除機のホースで鍵穴に蓋をする、ドアの側面(鍵の引っかかるところが出てくる穴)などを吸いましょう。

鍵自体も表面に穴が開けてある「ディンプルキー」などはちょっとした埃などが影響する様ですからしっかりとブラシで掻き出しましょう。

スポンサードリンク

サムターンがひっかかる時のまとめ

最近の鍵はとてもデリケートに出来ている様です。

私のうちにはたまたま「鍵穴のクスリ」がありました。

でも、はじめに目にしたのが「オイルの潤滑剤」でも多分使ってました・・・

なんども、お伝えしていますが、オイル系の潤滑剤は絶対に「NG」ということなので、本当に助かりました。

知らないって恐ろしいですが、皆さんもくれぐれも気をつけてくださいね!

スポンサードリンク
     

オススメ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする